あの「シャープ」がマスクを本気で生産!?製造に中国、インド、欧米の工場でも

電機メーカーである『シャープ』が本気でマスクを生産する意向であるとの事で、マスクの生産を本格的に事業化していくという事が分かりました!

日本では三重県多気郡多気町にある工場で既に生産を開始しているそうで、他にも中国、インド、欧米などの工場でも生産を開始しているそうです。

新型コロナウイルスの影響でマスク不足の中、電機メーカーである『シャープ』のマスク生産でこの先どう影響していくのか・・・。

現在の生産量は1日あたり15万枚だそうで、将来的に50万枚への増産を目指しているそうです。

シャープは1日、海外でマスクの生産を検討していることを明らかにした。国内では3月に政府調達向けに出荷を始めており、欧州とインド、中国の工場でつくる見通し。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク不足解消に対応する。

戴正呉会長兼社長が従業員に向けて発信したメッセージで明らかにした。戴氏は「(マスク生産は)長期にわたって継続できる事業になる」とした。生産開始の時期や工場、規模など詳細は今後詰めるが、欧州はポーランドの液晶テレビ工場が検討対象だという。

引用元:西日本新聞

マスク不足解消の救世主となるのか?

 

スポンサーリンク

いつから買えるの?予約は可能?

マスクの販売にはWEBサイト(シャープが運営するオンラインストアからの販売)で販売開始されるそうです。

 

予約については受け付けていないそう。。。

電話注文については今後検討していくそうで、あくまでWEB販売のみとされそうです!

日本国内向けの為、海外への発送はしてないんだとか!

 

マスクの販売、納入に関しては・・・

現時点で、政府への納入が優先されているそうです!

一般のお客様向けのWEBサイトは開設されておらず、現時点では未定なんだとか!

決まり次第シャープの本サイトにて、お知らせがあるそうです。

 

マスク生産開始のお知らせ

 

シャープは、本日3月24日より、三重県多気郡多気町の当社工場においてマスクの生産を開始しましたので、お知らせいたします。

 当社は、日本政府の要請に応じて2月28日にマスクの生産を決定。その後、短期間で準備を進め、本日、生産を開始しました。日本国内におけるマスクの安定的な供給に向けて少しでも貢献できますよう、努めてまいります。

引用元:SHARPホームページ

https://cocorolife.jp.sharp/mask

 

お客様各位
マスクの販売に関するお知らせ
シャープ株式会社で生産いたしますマスクの販売に関しては、詳細が決まり次第、本サイトからご案内させていただきます。
●マスク出荷に関して
 ・政府調達向のマスクは、3月31日より出荷を開始致しました。
 ・一般のお客様への販売につきましては、今しばらくお待ち下さい。
引用元:SHARPホームページ
https://cocorolife.jp.sharp/mask

 

 

シャープ製のマスクはいくら?

今回、『シャープ』から販売が開始されるマスクの値段について予想してみました!

現段階では、マスクの販売価格は検討中とのことですが、果たして大手である電機メーカーが出すマスクはいくらするのでしょうか?

安い事には越したことはありませんが、あまり安価ではないような感じがしますね!(汗)

今回、マスクの生産するにあたり、もともと液晶テレビの工場をマスク生産の工場に変えたそうで、マスクを生産する機械の方も入れ替えが行われた事でしょう。

 

マスクの原価を考えても、少なからず2000~3000円ではないかと予想されます。

1枚80円、100円~130円程の値段が付けられるのでは無いかと勝手に予想します!

現時点で、1日の生産量が15万枚

計算すると・・・1箱50枚入りで1日3000箱の生産になりますね。

例えば、1箱2000円と考え全部売ったとしても600万円です。

あまり安い価格設定では元が取れるのかが不安になりますから、安売りはしないと予想されます!

あくまで個人的な予想なので鵜呑みにしないようにしてくださいね!

実際はどうなんでしょうか?

 

マスクの概要・仕様について

 

 

概要と仕様

商品名不織布マスク

生産場所SHARP三重工場(三重県多気郡多気町五佐奈)

生産量約15万枚/日(50万枚/日へ増産を目指す)

 

販売先

株式会社「SHARP COCORO LIFE」のECサイトで販売。

URL:https://cocorolife.jp.sharp/mask

 

マスクの仕様

3層タイプの不織布マスクで色は白。

サイズは大人用のマスク(約95×175mm)のみとなります。

将来的には他のサイズの商品化も検討。

 

本体(不織布:ポリプロピレン)

耳ひも部(ポリウレタン、ポリエステル)

ノーズフィッター(ポリエチレン)となります。

 

内容量一箱50枚入り(個別包装無し)で販売。

 

おわりに

今回は、電機メーカーで有名な『シャープ』がマスクの生産を事業化するという事で、気になる価格の予想や仕様、販売について調べてみました!

新型コロナウイルスの影響でマスク不足が続く中、電機メーカーであるシャープの参入でマスク不足解消のきっかけを作ることが出来るのでしょうか?

現時点では、政府へのマスクの納入が先との事でしたが、一般販売される時期も、そう遠くはないでしょうから、期待して待ってみましょう!

 

それではこの辺で・・・。

タイトルとURLをコピーしました