罰金11万円!?コロナの猛威にアメリカ・ニューヨーク州が取った対策とは?

アメリカ・ニューヨーク州で『人と人との距離を保つ』事が義務化されているそうで、罰則金が今回引き上げられたそうです!

違反者には『11万円』の罰則金が課されてしまうそうです!

感染防止の本気度が日本とはまるで差があるくらい違いますね~!(汗)

 

日本の意識の低さや、軽率な行動が海外からは批判的な目で見られているのも確かですが

こうした事態にもハッキリ決めきれない・・・日本の力量が出てしまっているのではないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

アメリカが取った対策法は?

現在、アメリカ・ニューヨーク州では事実上の外出禁止令が出されているそうです!

これまで、「行動の制限」や、他人と一定の距離を保つ、「社会的距離」などの感染対策など

『人との距離を保つ義務』の命令などが出されているそうです。

 

基本的に1.8m以上人との距離を保たなければなりません。

外出時は特に意識しておかないと人との距離が無意識に保たれなくなってしまうなんて事も起こってしまいそうですね!

アメリカで最も感染者数が多いニューヨーク州では5日、感染者が8300人以上増え、12万人を上回りました。入院患者は1万6000人に上り、医療従事者の不足が深刻化しています。死者は、前日より594人増え、4159人となりました。

引用:ANN NEWS

 

おわりに

罰金の引き上げにアメリカ市民は混乱するでしょうね~。

人との距離を保つことは簡単なように聞こえがちですが、常に意識しておく必要がありますから

ストレスが溜まりそうですね!

日本でも自粛のお願いだけではなく、何らかの決まり事や、罰則があってもいいのではないでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました