プロの料理人を目指すなら専門学校には行かず、就職した方が成功する!?

 

『これから調理師を目指して頑張っていくぞ!!』

まずはきちんとした形で学びたいから調理師専門学校へいこう!!

 

 

ちょっと待った!!

その考え方、間違っているかもしれませんよ!!

 

 

「料理人を目指す=専門学校」

というような考え方の人が結構多くおられます!

 

実際に、調理師になるためには専門学校に行かなければならない。

料理人になるには専門学校に行く以外に方法が無い。

というのが常識になってしまているかと思います!

ですが、必ずしもそれが正解とは限りません!

 

専門学校に行くと、『お金』『時間』がもったいない!むしろ遠回りになってしまいます。

 

 

 

結論から言うと、、、

『専門学校に行く時間がムダ。職人の世界では知識よりも経験や感覚が重要!』

 

 

こんなこと言うと怒られてしまいそうですが・・・(笑)

あながち間違えではないと自負しています!

 

 

この記事では・・・

これから料理人を目指そうとしている方や

就職するか、専門学校に行こうか迷っている人の為に、専門学校に行かず

料理の技術や免許を取得した実体験を元に、なぜ専門学校に行くのがムダなのか、

なぜ就職する方が賢いのか?についてお話しています。

 

 

スポンサーリンク

料理人を目指すなら専門学校に行くより就職した方がいい理由

職人といえば、建築現場などで働く、いわゆるガテン系の人達の事を想像するかと思います!

ですが、料理人だってれっきとした「職人業」です。

包丁さばきから、食材の扱い、火の加減に温度管理、一つ一つが経験による賜物です!

良い料理人になるにはそうした経験や基礎的な事が出来てこそのものです。

 

 

ではなぜ、料理人を目指すなら専門学校よりも就職した方がいいの?

 

調理師専門学校に入る人の主な理由について、、、

 

1、料理がしたいからとりあえず学校へ行く

2、どうするべきか分からない

3、少し経験してから就職した方がいいかな・・・

 

 

簡単な話、既にお店で働いているプロの料理人から学んだ方が断然成長できるからです!

現場に身を置く事で、いち早く技術や知識、お客さんの流れが学べる。学校とは違い、現場にいる以上いつだって本番です。

 

立ちっぱなしの仕事で、最初の内は辛いでしょうけれど、1日の流れが分かってくれば体も自然と慣れ、対応できるようになってきます。

 

お客様に料理を提供する以上、厳しくも何かとサポートしてくれる先輩料理人がすぐ近くに居るので、分からないことがあればすぐに聞くことが出来ます!

疑問や分からない事がすぐに聞ける環境はそうありませんからね!大きいポイントでしょう!

 

そして、他の料理人の技術や味つけなど、自分の目で見ることがとても大切です。

そうした技術を盗むことでこの先の料理人としての経験、技術向上など、幅が広がっていきます。

 

 

「料理の世界は厳しい」

 

とよく言われていますが、その理由の1つとして

悪く言うならば、人が口にする物なので、生きるも殺すも料理人には出来てしまいます。

普通の仕事より責任が伴う仕事である事に間違いはありません。

 

 

専門学校には行かず就職してここが良かった

 

1番に言える事は、はじめから余計な期待をされていないので、精神的に気楽にいれる。

実際に料理の知識や技術が全くない状態でプロの世界に飛び込んだ方が変な期待もされず、空っぽの状態なので、技術や知識の習得が早いと思います!

メンタル面も自然と強くなっていました!

 

何にも知らない人の方が教えるが側も教えやすいく、むしろ嬉しそうに教えてくれたりします!

変にかじっている人に教えるのって少し難しいですからね・・・汗

 

「料理人=頭が固いイメージ」ってありませんか?

 

あながち間違えではありません!(笑)

料理人には変人が多く、料理が大好きな料理オタクな人が多く、反論や意見を言われると、すぐスネてしまう人も中には居ますからね!

 

 

 

専門学校のメリット・デメリット

ここでは、調理師専門学校のメリット・デメリットについて紹介します。

調理師の資格を持っていると周りからは、すごいと言われている場面に遭遇します。

ですが、資格を持っている事は大したことではありません!

 

「資格を持っててすごい!」

 

まったくそんな事はありません!

技術とは全く関係ないので、勉強すれば誰にでも取得可能です!

実際に、調理師免許は、他の国家資格より難易度が低く、取りやすい資格に分類されています。

 

 

 

専門学校の最大のメリットは?

 

専門学校に行く最大のメリットはやっぱり国家資格である「調理師免許の取得」ではないでしょうか!他にも同じ夢を持った仲間と勉強ができるのもあるでしょうが

ここでは調理師免許取得についてお話します。

 

簡単に説明すると、調理師専門学校の仕組みは、料理の知識や衛生面、歴史などを学び最終的に調理師免許の取得を最終目的として目指していく流れです。

なぜなら、専門学校を卒業さえすれば自動的に調理師免許を取得する事が出来る!からです。

 

 

『免許の取得にはある程度条件があります』

 

1.中学校卒業後「2年以上の給食施設、飲食店、惣菜製造業、魚介類の販売業などで、調理の業務に従事する事が受験資格としていて、都道府県知事が実施する国家試験を受けて合格。

 

2.調理師養成学校に1年以上通って卒業した者。

 

 

このように免許取得には2通りしかありません。

調理師免許だけ欲しい!って方にはいいのかもしれませんが、あまりお勧めはしません。

 

 

デメリットはあるの?

 

ここで、本題であるデメリットについて紹介します!

調理師専門学校に通い、卒業したからといって決して料理が上手くなる訳ではありません!

それどころか、調理技術は現場レベルには到底達していない!

という事が現実です。

 

なぜ・・・?

と思うかもしれませんが、実際のところ専門学校で学ぶ事の7割ぐらいは座学によるもので、調理技術というより、衛星面、歴史といった基礎専門知識といった

調理師免許を取得する為だけ』の事を学ぶ場所に過ぎないからなのです。

実際に、専門学校出の人と働いた時に、みなさん口をそろえて、学校で学んだスキルは就職してから生かされていない

と言っていました。

 

 

そもそも料理人になるために調理師免許は必要ない

 

ここで多くの人が知らずに間違った思い込みをしてしまっている料理人の世界について紹介します。

 

「そもそも調理師免許を持っていなくても調理する事が可能」

 

免許が必要ない理由をまとめてみました。

  • 調理師免許を持っているからって就職が優位になる訳では無い
  • 給料が上がる訳ではない
  • 調理師免許は料理人にとって1つの通過点でしかない
  • 免許をもっていて当たり前
  • 調理師免許を持っているからといってスキルの証明にならない

 

じゃあ、調理師免許は何の意味があるの?

 

調理師である事の証明やプロとしての自覚、責任、知識がある人の証明であります。

料理技術とは別に、やっぱり免許を持っている人が作っていると安心しますからね!そういった面では持っていて損はないでしょう。

実際に、調理師免許を持っていない人は、料理人であっても『調理師と名乗ってはいけない』という事が法律で決まっています。

 

 

ん~。難しいな~。。。

 

 

実体験についての紹介

専門学校を卒業して就職すると、やはり少しばかり、どんなものかと期待されてしまいます。

ですが、大抵の人は知識はあっても実際の現場について行けず辞めていく人がほとんどでした。

 

多少なりとも自信あって就職したはいいが、実際の現場を体験して絶望。

そんな人たちを何人も見てきました。

何百万円とかけて取った資格も無駄になってしまうかもしれません!

 

実際に、料理に携わっている期間が同じで、専門学校を卒業してやってきた人たちと働いてみて、

見習いだった自分がこの人たちより断然できる実感がありました!

料理に携わっている期間は同じでもこんなに差が出てしまう物かと実感しました。

実際に調理の現場では体力がかなり必要とされます!

体力面でもついて行けず、足に限界が来てしまっている人も居るぐらい過酷かもしれません。

 

 

やはり料理人を目指すのであれば、専門学校には行かず、就職した方が成功の近道なように思います!

 

 

まとめ

料理人を目指すなら専門学校には行かず、就職した方が成功する理由について紹介しました。

 

ですが、人の価値観は必ずしも同じではないので最終的には自分が思い描く先を目指して選択する事が大切だと思います!

 

否定的ではありましたが、必ずしも専門学校がいけない!と言う訳ではありませんから

専門学校にも専門学校の良い所はあるはずですので、自分がこれからどうしたいか、どう進んでいきたいのか、選んだ道を信じていくことが大切ではないでしょうか!

 

 

 

おまけに・・・就職を考えているけれど、実際にどんな風にして就職先を探したらいいのか?

色んなジャンルのお店があってどんなお店がいいか分からない!

という方や、転職を考えている方!

参考としてこちらの飲食業界専門の求人サイトを貼っておくので気になる方は覗いてみてくださいね!

飲食業界経験者が徹底支援!未経験でもチャレンジできる「エフジョブ」

それではこの辺で。

 

タイトルとURLをコピーしました