パトカーが路肩に停車中の車に正面衝突!?事故を起こした青森県警は事件を隠蔽か?

今日は青森県で交通事故を起こしたパトカーについて見ていきたいと思います!!路肩に停車中の車に正面衝突したようで、事故で相手方である20代の女性は足に打撲などのケガを負ったようで、青森県警に対し約160万円の損害賠償求めて提訴したそうです。

 

 

報道によると

 青森県八戸市で昨年1月、パトカーが路肩に停車していた車に衝突し、乗っていた同市の20代女性がけがをしていたことが20日、県警などへの取材で分かった。県警は事故を公表していなかった。女性は県に対し、約160万円の損害賠償を求めて青森地裁八戸支部に提訴した。

引用:kyoudo

 

 

スポンサーリンク

事故の起きた経緯について

 

当初、積雪や凍結した道路を走行中のパトカーが近くで発生した交通事故の処理に向かっていたところスリップしてしまい左側の路肩に停車中の車に正面から衝突してしまった模様。

分かっていながらも起きてしまった事故、予測はできなかったのか?

けが人が出た交通事故にも関わらず何故公表しなかったのか?損害賠償の金額からして結構な衝撃だったであろう。

車に乗っていた女性は左膝や腰にけがを負い、約6カ月間通院を余儀なくされたそうで女性は県警が加入する保険会社から治療費を受け取ったが、賠償金額に折り合いがつかず提訴に至ったという。

タイトルとURLをコピーしました