スーダンの儀式、女性器切除とは?長い伝統も禁止!重要な一歩へ

 

スーダンでは古くから儀式として習慣化されていた「女性器切除」が行われていました。

今回、刑事法改正によって禁止され長い伝統もこれでようやく終止符へ。

スーダンの未来に重要な第一歩とされ、今後、「女性器切除術」を行った者には最長3年の禁錮刑と罰金が科されることになる。

 

スポンサーリンク

スーダンの儀式、女性器切除とは?

スーダンの儀式で行われていた女性器切除とはいったいどういった儀式なんでしょうか?

想像するだけでもゾッとするこの儀式では、

多くの少女が女性器切除の犠牲になっているそうです。

 

調べたところ、この儀式では、女子割礼(じょしかつれい)と言った女性器の一部を切除あるいは切開する行為だそうで、主にアフリカを中心に行われている風習だそうで成人儀礼の一つとされている儀式だそうです。

スーダンではこれまで長年に渡って多くの集落で少女の成人儀礼(通過儀礼とされおこなわれ、スーダンの少女10人中9人近くが女性器切除の犠牲になっていたんだとか!

 

 

 

通過儀礼とは

 

スーダンによる「通過儀礼」とは。

簡単にお話すると、出生から成人、結婚、死など成長する過程の新しい門出に行われる儀礼だそうです。

 

 

女性器切除儀式の実態

スーダンでは古くから女性としての品を守ったり、男女が性的関係の純潔を保つなど

嫁ぐ相手以外に性的関係を持ってはならない、持たないため儀式が起こなわれていたという説があり、性的関係が無い状態を示す証なんだとか!

女性の結婚には処女であることが重要視されているようです。

 

実際にこの儀式の犠牲にあった「ハカム・イブラヒム」さんは、わずか7歳にして「女性器切除」の被害に遭われたそうです。

儀式を受けた時のトラウマ的な体験をこんな風に語っていまいた。

首都ハルツームのその地区の女性たちはイブラヒムさんの儀式の前夜、染料を使ってイブラヒムさんの両手にタトゥーを施しながら、歌ったり泣いたりしていた。

 当日、イブラヒムさんは小さな部屋に連れて行かれた。そこには白い服を着た女性がいて、イブラヒムさんの外性器を切除する手術を行った。「ベッドに寝かされ、全身に耐え難い痛みが走った」「痛みは1週間ずっと続いた」

YAHOOニュース

現在は4人の子どもに恵まれて健康に暮らしているそうです。

 

 

また、医療も進んでいない中、こんなことが実際に起こっていたそうです。

最も乱暴な方法では陰唇からクリトリスまで切除され、膣口は縫合して閉じられる。施術は不衛生な環境下で麻酔なしで行われることが多く、嚢胞(のうほう)や感染症が生じることも少なくない。また施術を受けた女性たちは後に性交痛に悩まされたり、出産時に合併症にかかったりもする。

YAHOOニュース

タイトルとURLをコピーしました