新型コロナウイルスに感染したら死ぬ!?「歩く感染者」スーパースプレッダーの出現で感染増大!!

 

今回は、新型コロナウイルスに感染してしまうと死んでしまうのか、命の危険性について見ていきたいと思います。

中国だけに留まらず世界中に広まり感染者が拡大している新型コロナウイルスとはいったいどのようなものなのか調べていきたいと思います!

 

 

✔この記事で分かること

  • 新型コロナウイルスとはいったいなに?
  • 感染してしまうとどうなってしまうのか
  • スーパースプレッダーとはいったい誰の事?
  • 身を守る為の対策、予防まとめ

 

改めて、新型コロナウイルスについてまとめていきましょう!

スポンサーリンク

「新型コロナウイルスとはいったい」主な感染ルートはどこ

新型コロナウイルスとは肺炎のことで、新型肺炎と呼ばれており今回指定感染症と発表されました!主な感染源は動物からだそうで、コウモリ、蛇などが中心にウイルスを持っていたことが主な原因ではないかと言われています

 

 

中国ではそういった動物からの感染が以前にも発生していて大きな被害が出ているにも関わらずまたしてもこのような事態をむかえてる。

元々コウモリには、狂犬病などの病例が多数あり、触らないというのが常識ではあるが、触る以前にコウモリを食べてしまうという発想が衝撃的!コウモリ料理自体とてもじゃないが食べたいと思わないグロさ、、中国ではグロイという感情はあるのか?

コウモリをスープにしたり、「刺身」としても食べているそうです。そんなにおいしいものなのでしょうか?

 

 

 

新型コロナウイルス!感染してしまうと・・・

 

果たして新型コロナウイルスに感染してしまったら死んでしまうのでしょうか?

感染してしまうと

発熱・咳・筋肉痛・けん怠感・下痢や嘔吐・手足などの痛み・頭痛・息苦しさなどの症状がみられます。
感染してしまったら死んでしまう、、、という事ではなく、あくまで身体が比較的弱い方や、何らかの持病をお持ちの方などが感染して命を落としてしまうというリスクが大きいそうで、これはインフルエンザ同様、健康な人はそうそう死んでしまう事はないそうです。

 

 

スーパースプレッダーの出現に警戒しよう!

スーパースプレッターとは通常では考えられる以上の二次感染を引き起こす者のことだそうで、「通常の人より圧倒的にウイルスを拡散、感染させてしまう人の事」を言うんだとか。

 

特徴として「爆発的な感染拡大を引き起こす」

 

新型コロナウイルスの感染力が強まっていることから、スーパースプレッダーの出現が考えられ、現在発表されているデータでは、通常ウイルスに感染した患者1人の感染力は1~2.5人に感染すると見られる。それに対し、スーパースプレッダーは10人以上を感染させてしまう恐ろしい感染力だそう。

 

 

10人以上への感染拡大の感染源となった患者

 

 

過去のデータで、2003年に中国南部の広東省を中心に起きたSARS(重症急性呼吸器症候群)では1人でおよそ160人の感染者を出した患者が存在したと報じている。

また、自分がまさか感染しているという自覚がなく、ましてやスーパースプレッダーということ自体理解していないなんて事が一般的で、知らず知らず感染者を出していることが事実な為スーパースプレッダーの原因特定ができていない事が感染拡大につながっている。

現在、中国の武漢市で町全体が封鎖処置などの封じ込め対策を行うも感染者は増加する一方で、スーパースプレッダー(歩く感染者)が封じ込めを難しくしているそうです。

つまり、感染していることに気付かずに町を出歩き次から次へとウイルスをまき散らし感染者を増やしていく「歩く感染源」なのです。

 

 

 

 

 

スーパースプレッダーになりやすい人の特徴

 

 

免疫力の低い人

詳しくは分かっていませんが、免疫力が著しく低く弱い人ほどスーパースプレッダーになりうる可能性が高いそうで、自身の体では免疫が弱いため、ウイルスをうまく排除できずにウィルス自体の個体が増えてしまい体外へ放出してしまうなんて事が起こってしまうそう。

 

既に発症してしまっている人

これは実際にあったケースで、ウイルスに感染し病院などで治療を受けている人が転院したり病院を変えたりで渡り、転院しながらどんどん感染者を出していく。

 

 

風邪だと思っている人ほど危険!!

初期段階では比較的症状が軽く風邪に近い症状から、感染しているという自覚が無いまま、ウイルスを放出しながら街を歩き回り感染者を増加させてしまうなんてことも!!新型コロナウイルスの潜伏期間は長く重症になってから初めて感染していることに気付く。

ゆえに新型コロナウイルスの対策が困難である一つの理由である。

 

スーパースプレッダー = 「歩く感染者」とはまさにこの事なんではないか。

 

 

新型コロナウイルスの脅威!潜伏期間が危険な理由

 

潜伏期間中も人へ感染

新型コロナウイルスは非常にうりやすい事が判明しています。

潜伏期間は平均して10日前後     最短で1日  長くて14日

毒性が強まっている可能性についてはまだわかっていないそうですが、ウイルスの感染力は強まっているとのこと

チェック潜伏期間中にどれだけケア出来るかが2次、3次の感染を防ぐことに繋がるこれまで中高年の感染が多いとされていましたが、中国で2歳の女の子の感染が確認されたそうで、産後間もない赤ちゃんにも感染してしまうそう。

 

 

 

もはや他人事ではない!?感染しないために必要なことまとめ

中国は大変なことになっているなーなんて思っている人はいませんか?今や続々と新型コロナウイルスの感染者が増大しつつあります。日本だから安全、日本の医療は優秀だからなんて安心していてはいけません。
感染源でのある中国から続々と旅行客が日本にやってきています!改めて新型コロナウイルスについて理解し、対策の徹底など十分に気を付けましょう!!

 

 

まずは、私たちが出来る最低限な予防をしましょう!!

  • 手洗い・うがいの徹底
  • 人が多い場所は避けましょう
  • 観光地は行かないことをオススメ
  • マスクの着用
  • こまめに換気する
  • 除菌スプレーなどの除菌グッズの持ち歩き

予防には手洗いうがいをしっかい行うことが何よりも大切です!十分な栄養と休養を人込みを避け、咳などの症状がある人には必要以上の接触は控えるなどして、感染を防ぎましょう!

現時点では予防接種など有効な抗ウイルス薬など治療法がないのでしっかり対策していきましょう!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか、現在も増大中の新型コロナウイルスの脅威はまだまだ続きそうですね!考えようによってはある意味ウイルステロみたいなものに近いようにも思えますが、高熱が出たらきちんと医療機関で見てもらうのが大切です!

手洗いうがいの徹底、外出時にはマスク着用などの予防がとても大切になってきます、日本では肺ガンなど肺による病気の致死率が高く弱いため、対策の徹底など十分に気を付けましょう!!

 

タイトルとURLをコピーしました