薄毛、抜け毛治療おすすめ「AGA、FAGAとはいったい何なのか?」

今回は、抜け毛や薄毛に悩む人向けにAGA、FAGAとはいったい何なのか?について見ていきたいと思います。

 

 

抜け毛や薄毛に悩む人はかなり多くいるそうで、結構深刻な問題なんだとか!同じ悩みを抱えている人はどんなことをしているのか?気になる原因と治療法についても見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

AGA、FAGAとはいったい何なのか?

 

まずは「AGA」について見ていきましょう!

AGAとはいわゆる「男性型脱毛症」のことで遺伝的に起こったり、男性ホルモンのバランスの崩れが原因で起こってしまう進行性の薄毛だそうで、成人男性によく見られる抜け毛や髪の毛が薄くなる状態のことだそう。

 

早い人だと思春期を過ぎたあたりから抜け毛や薄毛に悩む人も居るんだとか・・・

額の生え際や頭頂部の髪が一般的に薄くなってくるようで、いわゆる円形脱毛症もその一つだそう。

 

 

「FAGA」について見ていきましょう!

FAGAとは「女性男性型脱毛症」のことで、主に女性が発症する病気の一つで、別名(女性型脱毛症)と呼ばれている。男性のAGAと同様に頭頂部の髪の毛が広い範囲で薄くなってしまったり脱毛してしまい次第に地肌が目立つようになってしまうのが特徴だそう

ここでAGAとは違うのが額の抜け毛だったり、後退はなく額が広くなるということは無いそうす。

 

 

抜け毛や薄毛が起こる特徴や原因まとめ

 

AGAでよく見られる特徴について、一気に髪の毛が抜けてしまうのではなく、ゆっくりと徐々に進行していくそうで気付いたら髪の毛が薄くなっているなんて事も、、、

額から薄くなっていく人も居れば、頭頂部分から薄くなっていく人と個人差はあるようで、額、頭頂部両方から薄くなっていく人も多いそうです。

 

主な原因は、毛包(もうほう)と言われる細胞がホルモンバランスが原因でうまく成長出来ない状態にあるため髪の毛じたい成長できなく、生えている途中(成長途中)で抜けてしまっているようです。

FAGAでは普段、男性よりも女性の方がオシャレや見た目には敏感で女性にとって髪は体の中で最も重要な部分の一つです。

もちろんストレスからくる脱毛もあるが主な原因、発症する要因の一つに毛周期の乱れによって髪の毛が薄くなってしまったり多く抜け落ちてしまうそうで「ヘアサイクル」(成長期・退行期・休止期)がうまく働かないと髪の一本一本が細く柔らかい弱い髪の毛が生え、軟毛化が進み薄毛になってしまうんだとか、、、

最近では薄毛に悩む若い世代も増えてきて必ずしも年齢のせいではないようです。発症時期で多く見られる更年期前後や出産を機に発症してしまう事も少なくないようです。

毛包(もうほう)とはいったい何だろう。。。?

毛包とは毛を量産する皮膚付属器官のことで、毛の量産には幹細胞というものが関与しているらしく、毛包のうち一般的に目で皮膚表面から見ることのできるものが「毛穴」なんだとか。

 

抜け毛や薄毛は治る?治療方法や向き合い方について

基本的にAGA、FAGAでは髪の毛が薄くなったり、抜けてしまってはいるものの、毛包じたい死んでしまっている訳ではないので、毛包が存在する限り髪の毛はまた、強く長く育つ可能性があるそうです。

AGA、FAGAは適切な治療をすることで治すことが出来るそうだが、毛包の関係からなるべく早く治療を開始することをすすめられます。

なんでも早期発見や早期治療が大事なように脱毛症にとっても早期ならばその分、治る確率が高くなるそうで、時間が経つにつれて毛包は小さくなってしまうそうで、元も大きさに戻りにくくなってしまうそうです!

その結果として、治りにくくなってしまう恐れがあるようです。

 

詳しい治療方法としては育毛剤を使用した治療方法もあるが、確実性を求めるのであれば最近話題の発毛実感を得られるAGA,FAGA治療がオススメです!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

抜け毛や薄毛はもはや他人事ではありません!遺伝が原因で髪の毛が抜けてしまうという事もあるけれど、早期治療が大事だとここでは強く言っておきます。

そうならない為にも日ごろからのケアが大事です!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました