マダニが媒介するウイルスが危険!いったいどこからやってくるのか?大きさや色、死滅方法はあるの?

マダニが媒介するウイルスが実は人にとってかなり有害なウイルスであることが分かった。

実際にマダニによるウイルスのでこれまで亡くなっている人も居るそうです!

マダニはいったいどこからやってきてどんな姿をしているんのか調べていきたいと思います!

また、どういう環境、条件で死滅させることができるのでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

マダニのウィルスの危険性

以前マダニが媒介するウイルス感染症により死亡が確認されたニュースが相次いで報道されています。

感染すると「重症熱性血小板減少症候群」といわれる病気を発症してしまうそうで

主な症状については、(発熱・嘔吐・腹痛・下痢・下血)などの症状が出始め

致死率25%と重篤化する危険性の高い感染症で最悪の場合死亡する危険なウィルスです!

潜伏期間は1~2週間と少し長いようです。

 

 

 

原因

マダニが持っている「SFTSウイルス」といわれるウイルスが原因で、マダニに噛まれることにより感染するそう。

このウイルスは、患者の血液や体液などを直接的に触れる事により人から人へ感染すると報告されているそうです。

実際のところマダニに噛まれているなんて実感がなければ、刺されていることに気が付いたとしても

無理に取ろうとはしてはいけないんだとか!

 

無理にとってはいけない理由

「刺されている時は、マダニの頭の部分が完全に肌の中に入ってしまっている為

無理に抜こうとすると頭と体が切り離される事が起き、頭の部分が体内に残ってしまうそう」

血管にでも流れてしまったら大変です!発見した時にはすぐに病院へ行きましょう!!

 

専門家はによると

「腫れたり痛みも無い為、刺されている事に気付かないそう。気付いた時には体長が1センチほどに膨らんでいることもあるんだとか!

 

 

 

マダニはいったいどこからやってくるの?

家の中でマダニを見かけた事がある人も少なくはないのでしょう。

基本的にマダニは普段、野山や草むらに多く生息しているそうで、出かけた際に

知らず知らずマダニを引っ付けて帰宅してしまったり、草が多い所を歩いて噛まれてしまうこともあるそうです!

また、犬や猫の散歩中にマダニがペットにくっ付いている事がよくあるそうで

そのまま知らずしてマダニを連れてきてしまうことが多いそうです。

 

実際にワンちゃんが草むらを好んで遊んでいるところをよく見かけます!

遊んだ後はしっかりキレイに洗い流してあげる事が大切です!

 

家の中で見かけるなんて思ってもいないだけに、ショックも大きいはず!

実際、得体の知れないものには恐怖しかありませんよね(汗)

ウイルスを持っているマダニは全国的に多く散布しているそうなので注意が必要です!

見かけても触らないようにしましょう!

マダニの大きさと色

 

マダニの大きさや実際にどんな色した姿をしているんでしょうか!

赤茶色のような色をしているのが一般的で、ダニの中でも大型の部類だそうで

血を吸う前では3~4mmくらいだそうで、実際に目で確認する事が出来るそう

実際に家に住み着いているダニの約10倍くらいの大きさでしょう。

血を吸い満腹状態になるとおよそ1cmぐらいの大きさになるんだとか!

そこまでくると流石にグロイですね!

 

マダニを死滅させる有効な事

マダニを死滅させる有効な事とはいったいどんなことなんでしょう!

一般的にダニを死滅させる有効な手段は50度を超える高温にさらす事で20~30分程で多くのダニは死滅する

60度以上でより早く死滅するそう。

乾燥や高温での環境では生息していくのが難しいとされているそうで

簡単に高温の環境を作ることが出来る洗濯乾燥機が最も有効な手段の一つであると思います。

 

もし家の中で見つけた場合には、直接手では触れずに駆除スプレーなどを多用して駆除しましょう!

タイトルとURLをコピーしました