車を運転する人に有効!ビックリするほど簡単に静電気を対策する3つのこと!

 

ふとした時に「パチッ」と起こる静電気、分かっていても怖いですよね!

電気が多く溜まっていたのか、結構痛いときってありませんか?

そんな静電気で痛い思いをされた方も多くいるのではないでしょうか!

今回、車で起きる静電気について、アクションを起こす前にある事をして静電気を防ぐ方法について紹介していきたいと思います!!

何事も一歩踏みとどまることが大切です

 

 

スポンサーリンク

静電気対策①行動する手前で地面や壁に触る

POINT「体に帯電している電気を地面や壁に放電させてから車に触る」方法が有効!

 

では、車で静電気が最も起こる場所とはいったいどんな所なんでしょうか?

何気なく一番よく触る「ドアやドアノブ」が圧倒的に多く起こる事がわかります。

既に車の乗り降りで実際に経験している人も多いのではないでしょうか?

ではなぜ、地面や壁を触ることによって静電気を起こさずに済むのでしょうか?

もちろん車自体が電気を帯びている事はよくありますが、洋服など、静電気が起こる原因は人に多くあります。

 

 

簡単に言えば、一般的な家電製品のコンセント部分についている緑の線(アース)と同じ原理で、余分な電気を逃がす働きがある。

人に例えると、体の中にある余分な電気を地面や壁に触れることによって、外へ逃がす事が出来るのです!

実際に靴底がゴムだと電気を逃がしにくく放出されないので、直接地面をさわる事で電気を放電させ、静電気を防ぐ!

この時、地面に触れた瞬間「シュッ」と一瞬音が聞こえる事もあるみたいです。

この静電気対策は、簡単に実際かなり有効な手段です!ぜひ試してみてはいかがでしょうか!

 

 

静電気対策②鍵や金属で一度触れる

POINT「鍵や金属性の物でドアに触れ、一度放電させてから触る

 

次に有効とされるのが、鍵や金属の先端で一度触れる事により、直接的な静電気の発生を防止する事が出来るという事です!

一度体内にたまった電気を放電してしまえば、次に直接触った時に静電気は起こりにくいんだとか!

ただ、ここで注意しておきたいポイントがあります!

鍵などで放電させる場合、しっかり鍵を掴んでいることが大切です!気持ち少し強めに握っておきましょう!

そうする事で、うまく電気が流れる。

握りが弱いと「パチッ」と静電気を感じることになってしまいます。

 

 

 

静電気対策③手をあえて濡らす

POINT「手を濡らしてからドアやドアノブに触る」

 

手をに濡らすことによって体内に帯電していた電気が水を通じて大気中に放電する事が分かっています!

実際に、雨の日や湿度の高い日では静電気は起こりにくくなっているそうで、ウェットティッシュなどで一度手を拭いたり

トイレに立った際は、少し湿らしておくのが有効です!ハンドクリームなんかも効果が期待できますね!

ドアノブを濡らすこともいいでしょう。

びちゃびちゃに濡らすことは無いので程よく濡らしましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

静電気は乾燥から起こる現象なので

空気、肌を乾燥させないことが最も大切ですが!出来る事なら静電気を起こしたくはありませんよね?

今回ご紹介した3つの対策はとても簡単に出来る事なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか!

 

タイトルとURLをコピーしました