改めて知っトク、新型肺炎の予防法と対処法!国内で感染拡大中

今更新型肺炎の予防法なんて・・・

 

今更聞きづらい新型肺炎の予防法についてまとめました!

現在、誰が感染していて、誰がウイルスを持っているなんてわからない状態です

国内の感染が広がっている中、改めて知っておく必要があります!

では、実際に私たちはどう予防すればよいのか?

 

この記事では

ウイルスに感染しない為にも改めて新型肺炎について調べていきます!

また、正しい予防法や対処法についても調査していきたいと思います!!

 

スポンサーリンク

正しい予防法と対策

 

改めて正しい予防法と対策についてお話していきますね!

 

 

お願い手洗い・うがい

アルコール消毒

外出時はマスクの着用

 

結論から言うと、上の3つが最も重要!!

一部SNS上では、アルコール消毒は効果が無いと広まっていますが、デマかせなので注意が必要です!アルコール消毒はウイルスに有効とされています!

また、乗り物の手すりや、つり革などにはウイルスが飛沫し付着している可能性も十分に考えられる。

空気中にもウイルスが飛んでいる事を理解し、手洗い・うがいの徹底を心掛ける事が大切です。

特に今の時期は、花粉症もあるので目を擦ったり、意識して顔を触らないようにしましょう!

目からも感染する恐れがあるとされています。

 

その他にも注意していきたい事が・・・

注意ポイント人込みを避けて行動しましょう!

疾患がある方は早めの対策が必要!

妊婦の方は免疫が低下している為、注意!

観光地や人が多く集まるところは感染リスクがグッと上がるので、出来るだけ控えた方がいいですね!また、

 

感染経路ここから!

私たちの目では見ることのできないウイルス。

ウイルスは果たしてどんな経路でやってきて、人に感染してしまうんでしょうか?

 

飛沫感染

新型肺炎に感染している人の咳やくしゃみなど、ウイルスを含みながら空気中に散布され

それを直接吸ってしまったり、空気中に広がったウイルスがドアノブや照明スイッチなど、

普段の生活でつい触ってしまい、口や鼻からウイルスが侵入し感染してしまう。

 

濃厚接触

感染者と一緒に生活したり、家族間の会話など、同じ空間で近い距離(2メートル程)

で会話したりすることで感染してしまう。

普段の生活でそういった場所は「電車やバス、飛行機、駅のホーム、タクシー、デパート、学校」

など、普段の生活の中で多く存在し、感染の可能性があります。

 

 

国内の感染が増え続けている

現在、国内で新型肺炎の感染が確認が出来ている人数は150名を超え、

その勢いは衰えず、増しているんだとか!

また、感染しても比較的風邪に近い症状と軽く、重症化するまで感染に気付くことが難しい。

厄介なのが、検査してもウイルスが検出できないという事態もあるそう、、、

今までは、中国が関係してウイルス感染していましたが、現在では、国内に少しずつウイルスが浸透している傾向から、日本人同士の感染が始まっている。

今後さらに、日本人の感染者が増加していく恐れもあります。

 

ちなみに・・・

 

中国では現在、感染者が7万人越えの7万548人

死者の数が1770人

 

 

ウイルスの発生源では無いにしろ、被害は少なからず拡大していくと予想されます!

 

まとめ

感染しない為にも、まずはしっかり手洗い・うがいをしていきましょう!

どこでどのようにウイルスが存在しているか分からないので、正しい予防方法で感染しないように対処していきましょう!

ウイルスを完全に無くすことは出来ないので、1人1人の感染対策が重要です!

タイトルとURLをコピーしました