超大型犬グレート・デーン、実は温厚な性格?最終的な大きさと寿命は?

 

マニアの間でペットとして飼われている人気の超大型犬の『グレート・デーン』

体格の割には温厚で賢く、人懐っこい犬種とされていますが、飼い方によっては重大の事故や多くの危険が伴います。

ここでは、そんな『グレート・デーン』の性格や危険性、最終的な大きさや寿命について紹介しています!

 

スポンサーリンク

グレートデーンは実は温厚な犬!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

T I T O & L U N A(@tito.the.greatest.dane)がシェアした投稿

見た目から、怖い印象が多く、勘違いされてしまいがちな『グレートデーン』

見かけによらず他の犬に友好的で、人懐っこく実は温厚だそうです。

人や子供に対して穏和だそうで、人以外にも野生動物や同じ犬に対しても優しいそうで、犬以外のペットや動物にも温厚だそうです!

 

そんな『グレートデーン』ですが。。。

 

その怖いイメージとのギャップがいいと一部ファンから人気で、『優しい巨人』や『アポロン神』なんて呼ばれているそうです!

「アポロン神」とは何ぞや?って思いますが・・・(笑)

 

ですが、温厚な『グレートデーン』もやっぱり動物ですから、飼い主に対して支配的になったりすることもしばしば・・・

同じ性別の犬に対してはやはり攻撃的になる事もあるそうですね!

 

 

グレートデーンの大きさと寿命は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

T I T O & L U N A(@tito.the.greatest.dane)がシェアした投稿

犬の中でもかなり大きい犬種であることが分かっています!

そんな『グレートデーン』ですが、いったいどこまで大きくなるのか?そして寿命はどのくらいなんでしょうか!?

 

種類によって大きさが違う?

調べたところ、世界一大きい犬としてギネス世界記録に登録された事がある犬種だそうで、オスとメスで大きさは異なるそうです!

現在のギネス世界記録の犬は「アイリッシュ・ウルフハウンド」という犬種だそうです。

 

人と同じで個々で大きさは異なるそうですが、

一般的に「オスでは54~90kg」「メスでは45~68kg」とかなり大きくなる犬もいるそうです。

体高では76~100cmと迫力があり、写真のようにかなり大きいことがわかりますね!

中には、100cmを超える子も居るのではないか?まだまだいるかもしれません!

 

意外にも寿命は短い!?

『グレートデーン』の寿命は7~10年前後と意外にも短く、他の犬種よりもかなり短い事が分かりますね!

いったい何故そんなにも短いのでしょうか?

犬それぞれの生活や体質、犬種や避妊の有無などで寿命や病気にかかるリスクなどは変わってきますが、一般的に、犬の寿命は、小型犬で15年程度・中型犬では13年程度・大型犬で11年が目安とされています。

 

グレートデーンの寿命がなぜ短いのか?という事については、詳しくわかっていませんが、

一つの説では、体自体は強いが、大きすぎるゆえに体の中の臓器などが、その大きい体に対応できておらずアンバランスで、体に負担をかけてしまっているんだとか!

他にも、骨肉種などの病気になりやすい犬種でもあるといいます。

過去に大きい犬として、ギネス世界記録に登録された多くも骨肉種で亡くなっているんだとか!

「グレートデーン」に噛まれて死亡!?

 

こちらは『グレート・デーン』をペットとして飼われているお宅で起きた死亡事故のニュースです。

2020年3月20日、午後5時35分頃、富山市上大久保の住宅敷地内でペットとして飼っていた超大型犬『グレート・デーン』2頭に生後11カ月の中村仁ちゃんが飼い犬2頭にかまれ、幼い命が亡くなってしまった事故です。

すぐに病院に運ばれたそうですが、頭部骨折による出血性ショックで死亡してしまったそうです。

かみついた飼い犬は2頭共に体長約1メートル20、体重約80キロある犬だったそうです。

 

 

警察の調べでは・・・

同署によると、2頭とも大型のグレート・デーンで雄の成犬。住宅には仁ちゃんと50代の祖父らが暮らしている。祖父が仁ちゃんと共に、放し飼いにしている柵の内側にえさ皿を取りにいったところ、2頭が仁ちゃんを襲ったという。

引用:YAHOOニュース

富山南署の発表によると、男性が仁ちゃんを抱きかかえ、餌の皿を取りに庭に出た際、犬にかみつかれたという。庭には高さ1メートル80の柵があったといい、同署が当時の状況を調べている。仁ちゃんは男性と同居していた。

いったい、なぜこのような事が起こってしまったのでしょうか?

2頭ともオスだそうで、放し飼いされていた、6歳の『グレートデーン』だったそう!ニュースを見るかぎりでは、このお家の『グレートデーン』は、温厚では無いように見えました。

体重80キロとは、かなり大きな犬という事が分かります!

実際どうかは分かりませんが、飼い方に問題があった可能性が高いように思われます。

 

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。

ニュースでは、祖父のことしか発表されていませんが、その時、中村仁ちゃんのお母さん、お父さんは居なかったのか?

何にせよ、中村仁ちゃんのお母さん、お父さんを思うと心が痛くなりますね。。。

 

超大型犬という事ですから、その力もかなり強い事が予想されます。

大人でも噛まれたら大けがしてしまう程の力があるのではないでしょうか!

ですから、まだ身体の柔らかい赤ちゃんの頭なんて簡単に潰れてしまう事でしょう・・・

 

飼い方によっては、危険が多くありますから、正しいしつけと飼い方が大切です。

十分注意しておかないといけませんね!

 

 

みんなの声

 

仁くんのお悔やみ申し上げます。
祖父も仁くんのご両親も想像を絶するほど、悲しくつらい思いをされていることでしょう。後悔されているとお察しします。グレート・デーンは、オスになると体重が90キロ近くなり、体高も100センチぐらいの超大型犬です。みかけは、怖そうに見えますが、「優しい巨人」と呼ばれて温和な性格の家庭犬として知られています。

 

 

ただ、超大型犬なので、生後11カ月の仁くんの頭には、大きな衝撃だったのでしょうね。ニュースで犬が子どもなど襲う事故を目にする度に、心が痛みます。犬を正しく飼えば、人を襲ったりしないです。犬の特性、特に大型犬の行動を科学的に理解して、一緒に暮らしていただきたい。2度とこのような悲劇が起こりませんように。

 

以前にも同じような事件がありました
間違い無く、飼い主の責任です
犬に罪は無い… 本当に痛ましい事件です
どんなに懐いてる犬でも小さな子供を近くに行かしてはならないです

 

とても悲しく痛ましい事故でこちらまで辛くなります。祖父もまさか飼い犬が襲うとは思ってなかったことでしょうし。
亡くなった仁くんにお悔やみ申し上げます。

 

よく乳児を犬のそばにいさせる動画とか見るけど、いつかこういう事が起こるんじゃないかなぁとハラハラして見ていたけど、実際悲しい事が起こってしまった。自分ちの犬は大丈夫だって考え方は非常に危険。

 

 

50代祖父。まだこのくらいの年齢は自分の子供も妻任せで幼児期なんてとくに育児やってない世代。ちゃんと見ててねと言ってもちゃんと見れないんだよ、危険予測もなってない。完全に任せるなんてとてもじゃないけど出来ないな。

 

数年前も同じシチュエーションでありましたよね。いくら可愛いペットでも、犬は獣という事を忘れてはいけない。

 

 

まとめ

今回は、『グレートデーン』の性格や大きさ、寿命について調べました!

性格は温厚で友好的ではありますが、力は強く、大きい体、犬にとっては遊んでいるつもりでも今回のように、事故が起こってしまったり、ケガをさせてしまう事もあるので、しっかりとした躾が大切です!

小型犬以上に、しっかりとした知識と覚悟を持って飼う必要があります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました